このサイトはかぶれ症状でお悩みの方に頭皮にやさしい白髪染めを紹介するサイトでございます

頭皮にやさしい白髪染め〜かぶれ症状でお悩みの方へ〜

未分類

妊娠中のストレスは危ない?考えられる胎児への悪影響3つ

投稿日:

仕事や家庭で強いストレスを抱え、我慢していませんか?

妊娠中はホルモンバランスの変化、精神不安定などの様々な要因により、ストレスを抱えやすくなります。

過度なストレスはお腹の子に様々な影響を与える可能性があり、危険です。

特に30代後半からの高齢出産の方はストレスがかなりの負担になります。

安心して出産するために、どのような影響を及ぼすのか知り、ストレス対策しましょう。

ストレスから起こる症状1 赤ちゃんの体重が減少、発育不全

ストレスで発育に影響が出るのはなぜかというと、ストレスを感じると交感神経が刺激され、血管が収縮するのです。

血管が収縮しすぎると、血流が滞り、胎児に栄養が届きません。

胎児が標準より小さく生まれた場合、低血糖や低カルシウム血症、多血症などのリスクが高まります。

ストレスから起こる症状2 切迫流産になる

強いストレスを感じると、子宮が収縮し、切迫流産の可能性が上がります。

切迫流産とは、胎児がおなかにいて、流産の手前の状態のことです。

通常の流産と同じく、妊娠21週目まで起こるとされており、22週目からは切迫早産と呼ばれます。

月経のような出血が続いたり、下腹部の痛みが続いたりするようであれば切迫流産を疑い、かかりつけの産婦人科を受診してください。

ストレスから起こる症状3 生まれた子がアレルギー疾患や喘息に

妊娠中のストレスが胎児に伝わり、喘息やアレルギーが発症する可能性があります。

また、妊娠中の食生活からも大きな影響があり、バランスの悪い食事をとっていると胎児の免疫力が低下し、アレルギーに過敏になります。

妊娠中にできる無理のないストレス解消法

代表的な解消法ですと、睡眠や散歩があげられます。

寝不足はストレスの元です。

睡眠をとることで脳と体の疲れを取ることができるので、しっかり睡眠時間を確保しましょう。

また、妊娠中のマッサージなどは注意が必要なので、行う場合は施術者としっかり相談してください。

まとめ

上記であげたものは、必ずしもストレスのみで起こるわけではありません。

しかしストレスは母体、胎児共に悪影響を及ぼしますので、我慢せず休養をとることを心がけてください。

 

-未分類

Copyright© 頭皮にやさしい白髪染め〜かぶれ症状でお悩みの方へ〜 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.