このサイトはかぶれ症状でお悩みの方に頭皮にやさしい白髪染めを紹介するサイトでございます

頭皮にやさしい白髪染め〜かぶれ症状でお悩みの方へ〜

未分類

白髪染めでかぶれる原因はジアミン!?かぶれが起きる原因とおすすめの染め方とは?

投稿日:

白髪を染めたとき頭がかゆいと感じたことがある方は要注意です!

白髪は、加齢やストレス、食生活や睡眠不足など、さまざま原因でなるといわれています。なんらかの原因によって、髪の毛の色素細胞の働きが低下し、メラニン色素がつくられなくなるため白髪になるのです。

目立つようになった白髪は染める人が多いと思います。しかし、白髪を染めた時に皮膚トラブルを起こしたことはないでしょうか?かぶれを起こしてかゆみや赤く腫れたなんて症状がでたことはないでしょうか?

もし、白髪染めを使ってなんらかの皮膚トラブルが起きたことがある方にかぶれについてお伝えしたいと思います。

どうして白髪染めで頭皮がかぶれるの?

かぶれの症状や場所は人によってさまざま。

髪の生え際、耳の後ろ、首すじ、手など白髪染めの液がかかるところならどこでも症状が出る可能性があります。

かぶれは、「チクチクする」「かゆくなる」などの比較的軽い症状から、「出血する」「膿がでてくる」「顔が腫れてしまう」などの重い症状まで人によって違います。

そもそも、なぜ白髪を染めた時にかぶれたりするのでしょうか?

ジアミンという成分でかぶれる

白髪染めに入っている「ジアミン」という成分でかぶれる場合があります。

「ジアミン」は髪の毛を染めるにはとても便利な成分です。

少ない色素で容易に濃い色を作ることができ、いくつかの色を混ぜることでたくさんの色を簡単につくることができます。ですので、髪の毛を染めるときにとても便利な成分なのです。

ジアミン系のアレルギーは肌が強いから発症しないということはありません。肌の強い、弱い関係なく発症します。

ジアミンの特徴として長い時間をかけて抗体をつくる点があります。そのため、いつも使っている白髪染めは少しかゆいくらいの軽い症状で済んでいたのに、突然顔が腫れてしまったなどの症状がでる可能性があります。

刺激に負けてかぶれる

ジアミンでアレルギーが出てかゆくなる場合もありますが、他にも原因はあります。

髪を染めた際によく洗い流さず、白髪染めの液が残っておりかぶれる、体調が良くない時に髪を染めてかゆくなるなどもあります。

髪を染めて洗い流す際に頭だけに注意して流していませんか?

髪の毛を洗い流すときには肩や手にも白髪染めの液はつきます。白髪染めの液が残ってかぶれてしまうこともありますので注意が必要です。

体調が悪い時に使うと白髪染めの薬剤に肌が負けてかぶれることもあります。

パッチテスト毎回していますか?

白髪染めのパッケージには「パッチテストは染める2日前にしてください」と書いています。毎回ちゃんとパッチテストをしていますか?最初の1回テストしただけで終わっていませんか?

白髪が目立ってきて染めようと思ったのに、2日も待つのはちょっと…と思う人は多いかもしれません。しかし、毎回パッチテストをするのには理由があるのです。

白髪染めに使われる酸化染料は、その日の体調の状態や体調の変化により、かぶれる可能性があるため毎回テストする必要があるのです。

酸化染料によるアレルギーは1日後に起こることが多く、2日後にもっとも強い反応がでます。

ですので、皮膚にテスト液を塗って様子を見て、30分後にもう一度子見てみる。大丈夫そうでしたら1日後、2日後とさらに様子を見る。2日経って問題がない場合に購入した白髪染めを使っても問題ないということになります。

ちなみに、パッチテストをしている部分を濡らしてしまうと、テスト液が流れてパッチテストをする意味がなくなってしまいますのでお風呂に入るときや洗顔するときは注意が必要です。

また、パッチテストをしているときにかゆみなどの症状がでた場合はすぐに洗い流し、白髪染めを使用しないようにしましょう。

白髪染めには酸化染料が含まれる商品がたくさんあります。酸化剤に反応するかをテストするのがパッチテストですので、反応がでてしまった方は他の白髪染めでも反応します。もし反応が出てしまった場合は使用を避けましょう。

白髪染めで頭皮にかゆみが!?悪化するなら皮膚科へ診察に

白髪染めを使ってかぶれた場合、まずは冷やすのがおすすめです。保冷剤などでかゆみなどが出た場所を冷やしましょう。室内の温度も低めに設定し、入浴する場合もぬるめの温度にしましょう。

そして、しばらくは頭皮に刺激をあたえないように生活し、かぶれが良くなるまで何もしないようにしましょう。

かぶれがひどい場合は白髪染めの使用をすぐにやめて、皮膚科に受診に行きましょう。処置が遅れると治療が長引いたり、悪化したりしますので、自己で判断するのは危険ですのでやめましょう。

皮膚科では塗り薬や飲み薬を処方されると思いますが、処方された薬にも注意が必要です。

「以前もらった薬が余っているから今回はそれを使おう」「家族が使った余りで対処しよう」

そう考えて薬を使ったことはありませんか?

同じような症状だからといって同じ症状とは限りませんので、以前処方された薬を使用しないようにしましょう。自己判断で薬を使用すると、効果がない、症状が悪化するという場合もあります。

病院などで処方された薬は診察した方の症状に合わせて処方しています。診察した人の状態によって薬の量や使用期間が変わってきます。

同じ症状でも診察した時の状態によって薬は変わりますので、使い残しの薬を使用せず、医師や薬剤師の指示にしたがって正しく服用しましょう。

4通りの白髪の染めかた

市販で売られている白髪染めはたくさんの種類があり、どれを使えばいいか迷う方もいるのではないでしょうか?

白髪を染めるには4つのやり方がありますので、それぞれのメリット、デメリットを紹介していきます。

ヘアカラー

ヘアカラーは髪の毛のメラニン色素を分解して、髪の毛の内側から染めていく方法です。

ジアミンが入っているものもあり、使用する場合は必ずパッチテストをして問題がないか確認してから使用しましょう。

メリット

デメリット

一度で綺麗に染まる

髪の毛、頭皮のダメージが大きい

色落ちしにくい

手間がかかる

泡やクリームタイプ等種類が豊富

アレルギーの有無で使用できない場合がある

 

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアは髪の毛の表面に色素を吸着させて染める方法です。

メリット

デメリット

染め直し、重ね染めがしやすい

黒髪を明るくすることはできない

アレルギーを気にしないで使用できる

シャンプーするごとに色が落ちていくので効果が長続きしない

髪の毛、頭皮のダメージが少ない

 

 

白髪染めシャンプー

白髪染めシャンプーは白髪染めの成分が入っているシャンプーで髪全体を簡単に染めることができます。

メリット

デメリット

髪の毛や頭皮へのダメージが少ない

即効性はない

シャンプーなのでムラになりにくい

毎日使うのでコストがかかる

自然な仕上がりになる

 

 

カラートリートメント

カラートリートメントはヘアートリートメントを使うように白髪を染めることができます。白髪染めシャンプーのように徐々に染まっていきます。

メリット

デメリット

肌に優しい

即効性はない

徐々に自然に染まる

シャンプーで色がおちていくので長続きしない

アレルギーの心配がない

 

 

まとめ

白髪染めでかぶれる症状や対処法、白髪を染める4つのやり方をお伝えしました。

白髪染めに入っている「ジアミン」という成分でアレルギーが起き、かぶれが出る人、白髪染めの刺激に負けてかぶれる人がいます。

かぶれた場合はかぶれた部分を冷やして様子をみる、症状が治らないようでしたら皮膚科へ診察に行きましょう。

白髪を染めるのには4通りのやりかたがあり、それぞれメリット、デメリットがあります。

人によってアレルギーの有無や体質が違いますので、自分に合った白髪の染め方を見つけましょう!

-未分類

Copyright© 頭皮にやさしい白髪染め〜かぶれ症状でお悩みの方へ〜 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.