このサイトはかぶれ症状でお悩みの方に頭皮にやさしい白髪染めを紹介するサイトでございます

頭皮にやさしい白髪染め〜かぶれ症状でお悩みの方へ〜

未分類

乳酸菌でストレス軽減!第二の脳みそを活性化させよう!

投稿日:

 緊張したらお腹が痛くなった、そんな経験が1度はあると思います。

人は色んな場面で知らない間にストレスに出くわしています。夏の強い日差し、仕事で失敗して怒られているとき、知らない人と初めてお会いするときなどいろいろあります。

色んな場面で出会うストレスですが、人の体はホルモンを出したり、内臓を動かして血流をあげたり、体温を調整してストレスを軽減しようと働きます。

しかしこの働きが過剰になると体に不調として出てしまうのです。その中でも腸はストレスに敏感に反応しやすく、動きが過剰になりやすい器官なのです。

ですが、腸は鍛えることができます。腸内環境をよくすれば、ストレスの耐性を高めることができ、ストレスに強い体にできるのです。

 

腸は第二の脳みそを持っている!

 

腸内環境を改善することでストレスの耐性を高めることができます。

しかし、腸が消化、吸収以外でどのような働きをしているかわかる方は少ないかと思います。腸が人の体にどれくらい重要な部位なのかを紹介します。

腸には1億個以上の脳細胞がある

 腸には1億個以上の脳細胞があり、脳の命令なしでも活動することができます。

手や足、心臓を動かすときでさえ脳の命令がなければ動くことができません。体の中では別格の臓器ですので「第二の脳みそ」と呼ばれています。

抗うつ剤物質が存在する

 抗うつ剤の物質である「セロトニン」の90%以上が腸の中でみることができます。セロトニンは別名「幸せホルモン」などと呼び、気分に良い影響を与える物質です。

免疫力を高める

腸内環境が整った良好な状態は免疫力が高い状態です。免疫力が正常な状態を保つことによって、花粉症などのアレルギー症状などが軽減されます。

ビタミンを合成する

 ビタミンB2、B6、B12などを合成する細菌が腸にはいます。

  • ビタミンB2は糖質、脂質、たんぱく質を体内で分解してエネルギーへとかえる働きがあります。
  • ビタミンB6はたんぱく質のサポート役として皮膚・粘膜・毛髪・歯などの健康を保つ働きがあります。
  • ビタミンB12は葉酸と協力して正常な赤血球を作り出す効果があります。

したがって、腸は1億個の脳細胞ある点、脳からの命令がなくても動ける点、抗うつ剤物質「セロトニン」の90%以上が腸の中でみられるという点などから第二の脳みそと呼ばれているのです。

 

 

ストレスに強い腸を作るには

 腸内には約1000兆個の菌がおり、約1000種類いるといわれています。種類が多いので大きく分けて健康に有益な善玉菌、健康に有害な悪玉菌、中立の日和見菌と3つに分かれています。

善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスが崩れるとストレスを感じやすい腸になってしまう、免疫力の低下で風邪などにかかりやすくなる、便秘や下痢になりやすくなるなどの影響が出ます。

 腸内環境を整えればストレスに強い腸を作ることはわかりましたが、腸内環境を改善するには乳酸菌を摂取するのが効果的です。

乳酸菌を摂取することによって腸内環境を改善することができます。

乳酸菌は善玉菌の1種で、病原菌が腸内に進入するのを防いだり、腸内を酸性に保って悪玉菌の増殖を抑えたりする働きをしてくれます。

食べ物などで摂取した乳酸菌は、大体のものが1週間も経つと体外に排出されてしまいますが、「がセリ菌」という乳酸菌は90日以上体内で働くことができるため腸内環境改善に期待でき、ストレスを軽減させる作用があります。

 もう一つ「SBL88乳酸菌」というものがあります。生活リズムやストレスが原因で眠れなくなることがあると思いますが、「SBL88乳酸菌」は睡眠の質を向上させます。睡眠障害の予防にも効果がある乳酸菌です。

乳酸菌がたくさん入ったおすすめ商品

 乳酸菌は食べ物や飲み物、サプリメントで摂取することができます。乳酸菌は、大体のものが1週間も経つと体外に排出されてしまいますので頑張って継続していきましょう。

ヤクルト

 知らない人はいないのでは?というくらい有名な乳酸菌飲料です。実はいろんな種類が販売されています。カロリーがカットされて甘さが控えめなもの、特定保健用食品に選ばれているものなどもあり、全部で7種類あります。

意外と知られていない情報ですが、ヤクルトの注意書きに「よく振ってからお飲みください」と書かれているのをご存知でしょうか?

ヤクルトは底のほうに沈殿物が溜まっていることがあります。その沈殿物の中にもたくさんの乳酸菌が含まれていますので、振ることによってもっとたくさんの乳酸菌を摂取することができます。

ヤクルト社の他の商品、「ジョア」、「ソフール」などの商品にも乳酸菌が入っております。

カルピス

 ヤクルトと同じくらい有名な乳酸菌飲料。希釈タイプにカルピスウォーター、ソーダに塩が含まれているものもあります。味もメロン、ぶどう、いちごなどたくさんの種類があります。

また、公式HPでカルピスを使ったレシピが多数紹介されていますので、ぜひチェックしてみてください。

 

・ヨーグルト

 ヨーグルトはミルクを乳酸菌や酵母によって発酵させて作っています。免疫力を高め

有害物質を除去したり、たんぱく質やカルシウムの吸収を促したりします。

ただし、ヨーグルトは毎日単品で食べていると飽きてくると思います。そんな時は、いちごジャムやはちみつ、グラノーラ、ドライフルーツなどを入れてもおいしくいただけると思います。

キムチ

 キムチはヨーグルトに匹敵するくらい多くの乳酸菌が含まれています。胃酸にも強く生きたまま腸内に届きますので腸内環境を整えることができるでしょう。

他の発酵食品にも乳酸菌は入っていますが、味噌やぬか漬けは雑菌の増殖を抑えるために塩を使っています。塩分が多いところでは乳酸菌の増殖は抑えられてしまいます。

しかしキムチは雑菌の増殖を抑えるために塩を使わず唐辛子を使っているため、味噌などのように増殖を抑えられることはありません。

キムチは食べ方もいろいろあります。そのまま食べるもよし、キムチ鍋に豚キムチにするもよしです。納豆キムチにしますと納豆の納豆菌は善玉菌の一種ですので、乳酸菌と納豆菌でより腸内環境を整える効果があります。

お菓子

「ビスコ」ビスコはなんと5枚で1億個の乳酸菌が取れてしまいます。いちご味、カフェオレ味、小麦麦芽入りもありますのでぜひチェックしてみてください。

「乳酸菌ショコラ」ロッテの商品で名前の通り乳酸菌が入ったチョコレートです。

公式サイトで調べましたが、どのくらいの乳酸菌が入っているかの表記がありませんでしたので「チョコを食べるついでに乳酸菌もとれる」くらいの気持ちでこうにゅうするのがいいのかもしれませんね。

まとめ

ストレスを感じると人の体はホルモンを出したり、内臓を動かして血流をあげたり、体温を調整してストレスを軽減しようと働きます。

その中でも腸は特にストレスに敏感に反応しやすく、動きが過剰になりやすい器官です。腸を鍛えることでストレス耐性をあげることができます。

腸内環境を整えるには乳酸菌の摂取が必要になり、乳酸菌の大体のものが1週間も経つと体外に排出されてしまいます。効果を発揮するには継続して摂取することが重要です。

したがって、乳酸菌を摂取することによって腸内環境を改善し、腸のストレス耐性をあげてストレスに負けない毎日を過ごしましょう。

-未分類

Copyright© 頭皮にやさしい白髪染め〜かぶれ症状でお悩みの方へ〜 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.