このサイトはかぶれ症状でお悩みの方に頭皮にやさしい白髪染めを紹介するサイトでございます

頭皮にやさしい白髪染め〜かぶれ症状でお悩みの方へ〜

未分類

ビフィズス菌を増やして病気知らずの体を作ろう!

投稿日:

人の健康を維持するために働いている菌を知っていますか?

「人の菌」と聞くと体に悪そうなイメージがある方もいると思いますが、人は良い菌もたくさん持っています。

その中の1つにビフィズス菌があります。ビフィズス菌は人が健康に生活するうえで欠かせないものになっています。

ビフィズス菌とは?

ビフィズス菌は大腸に住んでいる菌です。

人の腸内には約1000兆個の菌がおり、約1000種類いるといわれています。種類が多いので大きく善玉菌、悪玉菌、日和見菌と3つに分かれており、ビフィズス菌は良い菌にふくまれます。

善玉菌は数にして10兆個ほどいるといわれており、消化吸収を助ける、花粉症などのアレルギー症状の緩和、アトピーの改善などの働きをして人の健康を支えています。

悪玉菌は増えると便秘や腹痛、貧血など体に不調が出てきます。

日和見菌は善玉菌と悪玉菌の多いほうに合わせて働く性質があります。

ちなみに理想的な腸内細菌のバランスは善玉菌が2割、悪玉菌が1割、日和見菌が7割となっています。

ストレスや食生活の乱れでもビフィズス菌の量は変わります。

健康的な毎日を送るには善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすということが大事になります。

そんな人の健康を支える善玉菌ですが、実は大腸の善玉菌の約90%以上はビフィズス菌が占めています。

つまり善玉菌を増やすということはビフィズス菌を増やすことと同じといっても過言ではありません。

 

ビフィズス菌の特徴

ビフィズス菌は様々な特徴をもっています。

ビフィズス菌が生成する酢酸には強い殺菌効果あり

ビフィズス菌が生成する酢酸には強い殺菌効果があり、大腸の悪玉菌の繁殖を抑制する効果があります。

ちなみに酢酸は食用のものだと消化のとちゅうで吸収されるため、大腸までとどきません。

コレステロールを下げる

 ビフィズス菌はコレステロールを下げる働きをもっています。

ビフィズス菌がコレステロールをコプロスタノールという腸壁から吸収されにくい別の物質に変化させる働きをしてくれます。

 そもそもコレステロール値が高いといけない理由は、コレステロール値が高いと動脈硬化が進行しやすく、血管が硬くなったり狭くなったりしやすいためです。

男女ともに40代からの死因で心疾患、脳血管疾患が非常に高くなっており、どちらも動脈硬化が関係している病気です。

ビフィズス菌は酸素がほとんどない大腸に住んでいる

ビフィズス菌は酸素がほとんどない大腸に住んでいます。

それはビフィズス菌には酸素を嫌う偏性嫌気性という特徴があるためです。

また強い酸性にも弱いため、胃酸が強まっている食事中は控え、胃酸が薄まる食後にビフィズス菌を摂取するのがいいとされています。

生きたまま腸に届きやすいビフィズス菌を入れることができれば、すでに腸内で活躍しているビフィズス菌を助け活性化することができます。

ビフィズス菌をとる際には食後に摂取することを守りたいですね。

 

ビフィズス菌は加齢と共に減少していく

ビフィズス菌は加齢と共に減少していくという特徴もあります。

人は離乳食がはじまる頃からだんだんとビフィズス菌が減っていきます。

赤ちゃんのころは腸内の善玉菌は約99%と高い数値ですが、成人になると約10%、60代を超えると約1%と非常に低い数値になっています。

理想的な腸内細菌のバランスは善玉菌が2割ですので、成人されている方でも10%ほど善玉菌が足りないということになります。

また、善玉菌の約90%はビフィズス菌ですので、善玉菌が減る=ビフィズス菌が減るということになり、結果的に悪玉菌が増えていきます。

つまり、年齢を重ねるにつれて腸内環境が悪くなりやすいのです。

人には約10種類のビフィズス菌がいる

人の体内には約10種類のビフィズス菌がいるといわれています。その中の5種類を紹介します。

ビフィダム菌

世界で初めて発見されたビフィズス菌。整腸作用や悪玉菌の増殖を抑制する効果があります。

ロングム菌

多くのヨーグルトに使用されているビフィズス菌。大腸まで届いて善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす効果があります。

アドレスセンティス菌

 動脈硬化の予防に効果的なビフィズス菌で、余分なコレステロールを排除する効果があります。

ブレーベ菌

 赤ちゃんの腸内のビフィズス菌のなかで多くを占める菌。抗アレルギー作用が高く、がんの発生防止にも効果が見込まれています。

インファンティス菌

 ビフィズス菌の基準とされる菌。整腸作用のほか、アレルギー症状の緩和も期待されています。

乳酸菌とビフィズス菌の違いは

乳酸菌とビフィズス菌の違いは、菌の数、酸素があっても活動できるか、菌の形などがあります。

菌の数

乳酸菌とビフィズス菌の数ですが、乳酸菌は1億~1000憶個腸内にいるとわれています。

一方、ビフィズス菌は1兆~10兆ほど腸内にいるといわれています。乳酸菌1億個とビフィズス菌10兆個をくらべると1万倍の差があります。

酸素があっても活動できるか

ビフィズス菌には酸素を嫌う偏性嫌気性という特徴があるため酸素には弱いです。

しかし乳酸菌は通性嫌気性という性質で、酸素があってもなくてもよいという性質を持っています。

菌の形

乳酸菌とビフィズス菌は形も違います。乳酸菌は球状のものと棒状のものがありますが、ビフィズス菌はY字やV字といった全く別の形です。

 どうやったらビフィズス菌が増やせるか

ビフィズス菌を増やすには、規則正しい生活やバランスの取れた食事、適度な運動が重要になってきます。

ビフィズス菌は乳酸菌飲料やヨーグルトに多くふくまれており、ビフィズス菌が入っているサプリなどでも摂取することができます。

最近ではお菓子の中でもビフィズス菌が入っているものもあります。

また、ヨーグルトの中にはビフィズス菌が入っていないものも販売されておりますので、購入する際にはパッケージにビフィズス菌の名前が書いてあるか確認が必要です。

また、ヨーグルトにビフィズス菌が入っていたとしても、パッケージを開けた時から酸素が入ってしまいますので、早めに食べないと効果がだんだん薄れていきます。

ビフィズス菌の特徴でもお伝えしたとおり、ビフィズス菌は強い酸性に弱いので胃酸が薄まる食後に摂取するのがおすすめです。

 ビフィズス菌の中には数日で体外に出てしまう種類もあります。

継続して摂取しないと効果が出づらい場合もありますので頑張って継続していきましょう。

また一度にビフィズス菌を大量に摂取するとお腹がゆるくなる場合もありますので気をつけましょう。

運動不足や寝不足、偏食や飲酒などで生活が乱れている人はビフィズス菌を摂取したとしても効果が出にくいですので、ビフィズス菌を摂取すると同時に生活習慣も見直してみましょう。

まとめ

 

ビフィズス菌は大腸に含まれている善玉菌の1種。消化吸収を助けたり腸内環境を整えたりする働きをもっている。

ビフィズス菌の特徴としてビフィズス菌には酵素を嫌う偏性嫌気性という特徴があり、胃酸などの強い酸にも弱い。また、ビフィズス菌は加齢と共に減少していくという性質もある。

ビフィズス菌の増やし方は乳酸菌飲料やヨーグルトに多くふくまれており、ビフィズス菌が入っているサプリでも摂取することができる。

ビフィズス菌の中には数日で体外に出てしまう種類もあるので、継続して摂取しないと効果が出にくい場合もある。

規則正しい生活とバランスの取れた食事も重要。ビフィズス菌を摂取しているだけでは効果はあらわれにくい。

ビフィズス菌はコレステロールを下げる働きをもっている。ビフィズス菌がコレステロールをコプロスタノールという腸壁から吸収されにくい別の物質に変化させて働きをしてくれる。

  • 腸内環境を整えたい方
  • 免疫力を上げたい方
  • 便秘気味の方
  • 花粉症を緩和したい方
  • 肌荒れが気になる方
  • コレステロールが高い方
  • 運動不足の方

などを気にされている方はこの機会に生活環境だけでなく、腸内環境も見直されてみてはいかがでしょうか?

 

-未分類

Copyright© 頭皮にやさしい白髪染め〜かぶれ症状でお悩みの方へ〜 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.